システム構築技術に対する考え方

システム構築技術はお客様の経営活動を支える手段であり、目的ではありません。

ITの変化は激しく、IT企業は新しい技術でシステム構築することが顧客の満足を得られるという誤解や 開発案件を受注したいがために市場に広がった技術の習得に力を入れたりしています。

しかし、IT企業の流行に乗っていこうとする傾向とは別にユーザ企業の業務システムは当時構築された技術で現在もしっかりと稼働しています。
そして システムの運用保守では当時の技術を保持する技術者が少なくなり、システム変更や機能追加、バージョンアップに困っているユーザ企業があるという話も聞きます。

ウイングはIT業界の流れを眺めつつも

  • 省力化が可能である
  • 習得が容易である
  • メーカーサポートが万全である(将来性、バージョン互換など)

システム構築技術を選択し、ノウハウを蓄積してきました。
その代表例が以下の3つです。

GeneXusソリューション

PowerBuilder

ColdFusion

トレンドを追うのではなく、一つの技術を深堀し、安心を提供することがウイングのシステム構築技術に対するこだわりです。