BLOGブログ
2022.04.28

入社から一年、IT未経験で入社した社員はどうなった?

2021年4月、IT未経験の新卒で入社された渡邊さん。

入社から一年、渡邊さんの現在をインタビューさせていただきました。

―1年を振り返って、どうでしたか?

入社当初はうまくやっていけるか、不安な気持ちでいっぱいでした。

正直なところ、一年間経過した今でもわかないことばかりで不安な気持ちはありますが、実務を通して少しずつできることや知識が増えて、それを活かせたときに成長ややりがいを感じています。

―入社から一年、どのように仕事を通して成長を実感できましたか?

外部研修では基礎的なことを学びました、その外部研修を終えてからはローコード開発GeneXusを使ったシステム開発を経験しました。

現在はC#という言語を使ったシステム開発に携わっています。

一言でシステム開発と言っても利用するソフトや開発言語による違いなど、多種多様なので、いろいろなこと携わらせていただけているのは、自分の成長に大きくつながっていると感じています。

―うまく出来たことや達成感を感じたことはありますか?

自分で作ったシステムを社内の人たちが使用しているのを見たときは本当にうれしかったです。

新人研修として社内で使用する人事評価システムを作成しました。私は途中で他のプロジェクトに参加することになり、最後まで携わることはできませんでしたが、同期入社のメンバーが無事にシステムを作成し終えてくれました。

私が担当したシステムで粗さの残ってしまったところもありましたが、何よりも動くシステムを作ることができた、というのは達成感が大きかったですね。

―失敗したことや苦労したこと(苦労していること)はどんなことですか?

初めて聴くことやることが多く、知識を蓄えながら業務を進めること苦労しています。

覚えることが多いので、聞いたことをメモして、いつでも振り返り確認できるようにしています。

振り返りをすることで、知識が定着し、できることが増え、業務が進められるようになりました。メモして確認することを今後も続けていきます。

-これからの抱負を聞かせてください

ビジネスマナーやITの基礎知識、システム開発の一連の流れなどをこの一年間で学び、ようやくスタートラインに立てたかなと感じています。

二年目になり後輩も入社して、新入社員をサポートする側にも立つようになります。

自分が一年目で学んだことを新人の方々へ伝えながら、今以上の技術力を身につけ、数年後にはシステム開発の上流工程から、自分の力でできるようになりたいですね。

ウイングが毎週行っている朝礼で、自分の3年後の目標を「キャリアアップスピーチ」として発表しました。

社員全員の前で目標とそれを達成するためのプロセスを発表したので、公言したからには頑張らなければならないと気が引き締まりました。
普段関わることのない人の考え方や今の仕事内容を知ったり、自分の目標をより明確にしていく材料を得たりする良い機会だと感じています。

―最後に

これから学ぶことも多く大変だと思いますが、一歩一歩できるようになり、達成感を感じることが増えてきているようですね!

これからは先輩として、新人の方のサポートをしながら頑張っていってください。

がんばれー!

ウイングは、成長できる環境が整っています。

ウイングで一緒に働く仲間を募集しています。

ご興味ある方はぜひ、採用ページもご覧ください。

https://www.weing.co.jp/recruit/